選べる市外局番を比較

eFAXなら56都市の市外局番から選べる!

様々なインターネットFAXのサービスがある中、自分にあったインターネットFAXのサービスを比較して選ぶことが大切です。インターネットFAXを選ぶポイントとしては、コストはもちろんのこと、サポートの良し悪しや、使い勝手の良さも重要なポイントになってきます。今回は、eFAXと BizFAXと Toonesの、各社で選べる市外局番を比較します。

 

eFAXの場合、日本の市外局番のみならず世界中の多数の都市の番号の中から自分の希望するFAX番号を選択することができます。eFAXでは、日本国内のFAX番号に限っても、全都道府県、56都市の中から選ぶことができます。

 

また、その地域に住んでいない場合でも、希望する地域の市外局番でFAX番号を取得することができます。たとえば、東京に住んでいる場合でも、大阪の市外局番06のFAX番号を取得することができます。

 

好みの番号は、eFAXの申し込み画面から選択することができます。まず、ドロップダウンリストの中から、希望する国を選択します。すると、日本国内の市外局番が選択できるようになります。ドロップダウンリストの中から、希望する市外局番を選択します。すると、複数のFAX番号が表示されるので、その中から好みの番号を選びます。

 

別のインターネットFAXサービスである BizFAXの場合、市外局番は050のみとなります。これは、IP電話番号となります。そのほかの市外局番を選ぶことはできません。

 

また Toonesの場合、東京(23区内)=03、千葉(千葉市)=043、神奈川(川崎市)=044、神奈川(横浜市)=045、埼玉(さいたま市)=048、愛知(名古屋市)=052、大阪(大阪市)=06、IP電話番号=050の計8種類の市外局番を提供しています。

 

このように3社で選べる市外局番を比較した場合、選択できる局番の豊富さでは、eFAXが一番となりますが、eFAXでは、050のIP電話番号を選択することはできないということになります。"