インターネットFAXのメリット・デメリット

操作に慣れればデメリットはなくなる!

先日、ネットメディアで取り上げられていましたが日本人は世界でもFAXを好む民族性があるという調査結果がでています。今日では様々な通信手段が発達しましたが、日本人だけが未だにFAX機を好んで使用しているようです。

 

そんな日本人向けに登場したのがインターネットFAXです。通常、FAXというのは双方にFAX機があって初めて通信の痩身や受信が出来る仕組みです。どちらかにFAX機がなければ、このやりとりは出来ない仕組みです。

 

他方、インターネットFAXの場合は、どちらかがインターネットFAXをパソコンに導入すればeFAXの利用が可能となります。インターネットFAXの特徴は、e-mailでデータのやり取りを行う仕組みとなっています。

 

メリットといえば、eFaxさえあればFAX機がなくてもデータの送受信ができるようになったので、わざわざFAX機を購入する必要がないのであります。eFAXはその名の通り、データをe-mailでやりとりするシステムです。

 

eFAXのメリットは、大幅なコストダウンにあります。用紙や通信費用などの経費を最小限に抑えることが出来るのがeFAXの特徴とも言えるでしょう。最近ではビジネス向けにBizFAXが登場し、Toonesなどの利用者が増えており、今後さらにBizFAXやToonesの利用者は増加する見通しです。

 

中小零細企業ではパソコンの導入が遅れているところがあるのでそのような会社とのやりとりではインターネットFAXが何かと便利なのです。コストを比較すると、わざわざFAXを導入するよりもはるかに安いです。

 

eFAXのデメリットを比較してみると、どちらかと言うと操作の難しさにその問題点が集約されています。高齢者の場合にはパソコンの仕様に慣れていないので、コストが掛かってもFAX機のほうが良いという方も多く、また、契約の面倒さからそのままFAX機を使い続けている酋長零細企業も少なくありません。