PDF、Excel、Wordを送信できるインターネットFAX

PDFだけじゃない!ExcelもWordも送信可能!

インターネットFAXは、使っていない人には馴染みがないかもしれませんが、ビジネスではFAXはまだまだ重要なツールの一つです。メールに添付する形でPDFやEcxel、Wordのファイルを送信することが出来ますが、送信相手がスマートフォンではなく普通の携帯電話の場合は、機種によってはファイルを開いて中身を確認することなどができない、あるいはファイルを開くまでに時間がかかるなど条件がついている環境かもしれません。

 

EcxelやWordには作成終了後、ファイルを閉じることなくメール送信機能がついているので、アドレスにインターネットFAXで利用しているメールアドレスを入力するとFAX送信が可能です。受信はPDFファイルで電子化されメールに添付、保存も可能です。

 

eFAX、BizFAX、Toonesを比較すると、使い方に大きな違いがあるわけではありません。比較するときは、自分がどんな利用シーンを想像しているか、という点で考えてみるといいでしょう。

 

eFAXは、通常の電話番号のような専用の番号が割り振られて利用を開始となります。すでに利用しているFAX番号がある場合は、ナンバーポータビリティが利用できるToonesがいいかもしれません。

 

すでにFAXで毎日大量に送受信を行っている場合は、BizFAXのスマートキャスト型がおすすめです。一斉同報送信も大量に行うことが出来るビジネス向けサービスとなります。FAX専用機を必要としないストレージ&リモート型もありますが、受信がメインで送信はあまりしないということであればおすすめです。受信したものはPDFとして保存されます。

 

Toonesは、条件付きではあるものの新しいFAX専用の番号を取得することなくインターネットFAXを始めることが出来るサービスです。送受信に関してはPDFファイルのみとなっているので、Word、Ecxelなどを使用せずともインターネットFAXを始めることが出来ます。最近の文書作成ソフトは無料版であってもPDFファイルとして保存することができるものが多いので、使用ソフトを意識することなく、インターネットFAXを気軽に利用できます。